社長ごあいさつ

Greetings

松本雄一郎

真剣勝負を楽しもう。

創業者 松本勝巳がフジ産業と名づけたのは、富士山のように日本一の頂上を目指すためです。
わずか1人で自宅の8帖の部屋からスタートさせ、創業4年目に物置販売施工量日本一を達成し、
そこから39年連続日本一という大記録と共に17事業所・社員200名を擁する規模の会社になりました。
それでも本人に言わせれば「フジ産業はまだまだ富士山の麓にたどり着いたくらい、まだ富士山になんか登ってもいない」とのこと。

私は39年連続物置販売施工日本一よりも、もっとフジ産業には別の大きな可能性を感じていました。
物置日本一の看板よりも、もっとフジ産業が出来る事、フジ産業にしかできない事をやるべきで、
フジ産業のやってきた事が業界で一番正しいと証明する方法は何か、と自分なりに松本勝巳の背中を見ながら感じていました。
そして創業40年目の節目に、フジ産業がやってきた事をすべてカタチにしたのがマツモト物置です。
まだまだ満足できるような状況ではありませんが、順調に販売を拡大しています。

昭和39年、日本ではじめての物置「目白製作所のセイリーハウス」が発売されてから約60年間、
すべての物置メーカーがやらなかったこと・できなかったこと・考えなかったことを
カタチにしたNEW JAPANESE MONOOKIがマツモト物置です。
さんかく屋根と本体色を1カラーにしたオリジナルデザインで、
松本勝巳の物置に対する考え方をカタチにした、物置の歴史60年間に残るモノオキです。
そして、当社は40年以上国内物置メーカーのトップ代理店としての物置業界に対する想いも非常に強い会社です。
その長い歴史の中での想いや悔しさを全てマツモト物置の製品に込めています。

私は物置が大好きです。いつだって物置のことを考えています。
日本の物置の品質・使いやすさ・丈夫さは間違いなく世界一のレベルです。でも、物置ってそれだけではないと思います。
みんながビックリするような、オドロキのデザインでみんなが喜んでくれたら本当に嬉しいです。
いままでの常識やルールに合わせて、正しい人が損をするようなやり方ではこの業界を今以上に良くすることはできないと思います。
もっと自由に 群れず・媚びず・諦めず NEW JAPANESE MONOOKIを作り続ける。
私を夢中にさせるのは、留まることを知らない物置への情熱と今まで経験した悔しさそのもの。
物置に対して思いっきり遊び、新たなオドロキを創造してカタチにします。
考える人、作る人、運ぶ人、組立する人、売る人、買う人、みんなが「マツモト物置で良かった」と
喜んでもらえるようにするのが私の仕事です。

この度、創業時には母のお腹の中にいた私が、同じ歳のフジ産業株式会社を引き継ぐ事となり、
これから、日本一を目指して富士山の麓から頂上へ登ることになりました。

父がフジ産業で45年やってきたことをカタチにしたマツモト物置と
今までやってきた事が誰よりも正しかったと証明する為に、
私はフジ産業の全社員たちと共に花の2区を走ります。

さあ、真剣勝負を楽しもう。

代表取締役社長 松本雄一郎

page-top